ビール純粋令施行の日にビール純粋令を真面目に検証してみる(その1)

本日4/23ですが、ドイツでは「ビールの日」と定められていて、ビアイベントが行われるのだそうです。ドイツのビール造りを語る上で必ず登場する「ビール純粋令」が施行された日なんですね。1516年、バイエルン公のヴィルヘルム4世が公布したんです。バイエルンは今はドイツのいち地方ですが、当時はひとつの国だったですね。

参考リンク(英語)

実は、私が一応所属する日本地ビール協会が定めた「地ビール(クラフトビール)の日」でもあるんですね、今日は。地ビールの日をいつにしようかというアイディアを公募した際に、ドイツに倣ってはという推薦文が当選したのだそうです。上記リンク先を読むと、選考に当たってドイツ人の関係者が特別顧問、ドイツ大使館が後援しており(他ビール発祥国からの参加は無し)、場の空気として4/23を選ぶしかなかったような気もするわけですが...(苦笑)。

さて皆さん、ビール純粋令の定義はご存じですか?

ご存じの方も多いと思いますが、「ビールは大麦麦芽、水、ホップにて醸すべし」です。

1516年当時、酵母の存在は確認されていおらず、その後加わりました。

さて、ドイツビールにちょっと詳しい人、不思議に思いませんか?
「大麦麦芽でないと×なら、小麦麦芽を用いるヴァイツェンビールは純粋令違反?」
それは後で説明しますのでちょっと待ってください。


本題に戻ります。この法の目的は二つありましたが、日本で広く知られているのは一つだけ「ビール品質の向上」です。

これはもちろん良いことで、当時出回っていた粗悪ビール(人体に害のあるようなものもあったとか)を駆逐するのに役立ちました。それだけじゃなく、産業経済政策としてとても重要だったんですね。バイエルンと現北ドイツ地方は当時別の国で、純粋令制定前は、質が良いが高値になる北ドイツのビールを渋々輸入する貿易状況でした。バイエルン自身でより安く質の良いビールが作れれば、産業振興、国の経済が潤うと言うわけです(とうぜんそこからしっかり徴税すると(笑))。

さて、あまり知られてないもう一つですが、「小麦やライ麦の使用制限(平民以下の被支配階級に対して)」です。小麦やライ麦はパンの原料で大麦より貴重な穀物ですから、濫用に一定の歯止めをかけて国の食糧確保を狙ったのですね。当時の食糧実態を知りませんが、政策としてはまあ納得できるお話しです。

しかし、これで純粋令の話は終わりません。この純粋令、実は全国民に公平に適用されてなかったんです。

富裕層貴族層には、例外として小麦の使用を認めたのです。そうすると...?
ヴァイツェンビールをご存じの方、これで謎が解けましたね(笑)。そう、小麦(正確には小麦麦芽)が使えるとヴァイツェンが造れます。富裕層貴族層が独占的にヴァイツェンビールを醸造できるように運用されてたんですよ。

全体として国益に叶う法と言えますが、問題点もあると言えます。
もちろんヴァイツェンビールそのものには何の罪もありませんが。

その後、ドイツは1871年に現国土相当に統一されるわけですが、その時にも純粋令は継承されました。バイエルンが統一に参加する条件だったそうです。バイエルン以外の地域の代表は反発しました。何故かというと、それらの地域では、純粋令に合致しない伝統的ビールが造られてたんですね。塩や香辛料を良い塩梅に加え、バイエルンとはまた異なった美味しいビールを造っていた。しかし、純粋令の統一ドイツ全土適用で、それを否定されてしまったんです。この点だけを以て純粋令を否定するのはさすがにどうかと思いますが、純粋令のダークサイドであると私は思います。

その後延々効力を持ち続けた純粋令ですが、EU経済統合時に非関税障壁だと非難されます。
ドイツ国内生産ビールのみならず、ドイツ国外への輸出ビールや、国内への輸入ビールにも適用されていたんですね。当時は米国のライトラガーが輸入禁止。これだけなら、「ドイツのこだわりに敬意を表する!」ってところでしょうが、純粋令と方向性は違えど美味を追求したレシピで造られ世界的に評判の高いベルギービールやギネススタウトなんかも輸入禁止されてたわけで、そうなると、「何だかなあ」ですよね。1987年、欧州裁判所に保護主義違反とされ、純粋令はドイツ国内生産ビール限定のローカルルールに格下げされ、「ドイツのこだわり」として今に至ってる、と言うのがあらまし。

こぼれ話としては、東西ドイツ再統一時の旧東側のビールの迫害騒動があります。
東ドイツでは純粋令は機能しておらず、安直な醸造に走った粗悪ビールが少なくなかったのですが、中には純粋令に駆逐される前の伝統手法で造られた良品ビールもあったのです。「ゴーゼ」と呼ばれるこのビールは塩、スパイスで効果的にアレンジされたビールで旧東ドイツの人気ビールだったそうですが、統一になって純粋令を適用され「ビールじゃない」と言うことになり騒動、と言うわけです。以前のニュース映像の記憶ベースの話なので、その醸造所とビールがどうなったかは知りませんが、旧東ドイツ地域に旅行した方の旅行記を見る限り、現在ドイツで「ゴーゼ」は飲めるようですので、駆逐されたということはないようです。

1993年に純粋令(ローカルルールとしての)は改正され、それによると上面発酵で醸造する場合は糖分添加を認めたそうですが、ゴーゼのレシピとは合致しないので、どう折り合ってゴーゼが存続してるのかはよくわかりません。

その2に続きます。
関連記事


theme : ビール
genre : グルメ

comment

Secre

プロフィール

Hira

Author:Hira


怪しいオヤヂ"Hira"のブログ。自営業。株投資もしていたり。いちおうビアテイスターだったりするビアマニア。「Respect Beer!  大手、輸入、クラフト...全てのビールに敬意を」

現実的政治観。反ニセ科学。第1種放射線取扱主任者免状所有、元原子力業界末席(化学)、元天文研(皆既日食ヲチ3回)。50〜70's洋楽。

日常のもろもろを綴っております。

はじめて訪問される方は、
ご挨拶、サイトポリシー等
をご一読くださいm(__)m。

にほんブログ村ランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


リンクはご自由にどうぞ。


(Admin)
Hira on twitter
来訪者数(2008.8.26~)
広告1







SBI証券

SBI証券、Hiraも利用しています。
口座開設すると特典あり!
カレンダー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ記事検索
リンク(直感リンクツリーV1.3)
最新トラックバック
広告2




GPV気象予報
Mail to Hira
【ここ】 をクリックすると、
別窓にフォームが現れます。
RSSリンクの表示