11/16版:官邸前抗議行動の参加人数グラフ&総選挙展望的なもの

衆議院解散ニュース一色の昨日、金曜日でしたが、実は官邸前抗議行動が行われておりました。
選挙の争点として原子力政策を挙げるメディアが少なくないので、抗議行動の人数状況はヤジウマとして気になるところ。

ソースは例によってしんぶん赤旗。

民意は「原発ゼロ」「即時」を争点に(しんぶん赤旗Web)

この記事に拠りますと主催者発表5,000人。衆院解散直後、脱原発主張勢力への支持を訴える!ノリで増えると予想していたのですが、意外にも前回より(11/2:7,000人)減っておりましたね。これでグラフ更新です。

121116官邸前


参考データとして表示している7/26、11/11を無視してグラフを見て下さいませ。7月をピークに長期低落ですね。とくに秋季は悲惨とも言える状況に思えます。解散の噂、11/11の大イベントがまるで「バネ」になっていませんからね。

さて、いよいよ選挙ですね。このグラフを根拠にして展望めいたことを言ってみます。

この抗議行動を主催してる首都圏反原発連合および活動に同調する政党による、急進的な脱原発主張(稼働中の大飯原発の停止、政府案より前倒しの脱原発スケジュール 等)は一定の盛り上がりを見せたものの時系列で支持を失い今に至っているものと分析します。よって、急進的脱原発か否か、というような次元での「争点」は存在感を持つとは考えにくいかな、と。要するに、急進的脱原発を選挙で主張する政党が大きく支持を伸ばすことはないって言う予想ですね。

もちろん、国策として行われていた原子力発電で事故があり無辜の住民に大きな被害を及ぼしたという事実は大きく、その結果、事故が起きる前までは「原子力推進」スタンスをとっていた政治家・政治勢力から積極的推進・維持的な声はほとんど聞こえてこなくなりました。

事故の結果、穏健な脱原発、そこまで行かないにしても原子力依存を緩やかに下げていく方向性、ってものがコンセンサスになったのでは?ってHiraには思えます。つまり、官邸前のアピールほど急進的な動きは支持されていないんじゃないかって感じ。

なーんて偉そうに予想してみましたがw、総選挙どうなりますかね−。

急進的脱原発を主張している政党(国民の生活が第一、共産党、社民党など)、クラゲシンボルマークで話題を提供した超党派議連「原発ゼロの会」所属議員がどれだけの支持を得るか、注目しております。



事例解説 すぐわかる選挙運動 ―ケースで見る違反と罰則―
三好 規正
イマジン出版
売り上げランキング: 17009
関連記事


theme : 原子力問題
genre : ニュース

comment

Secre

プロフィール

Hira

Author:Hira


怪しいオヤヂ"Hira"のブログ。自営業。株投資もしていたり。いちおうビアテイスターだったりするビアマニア。「Respect Beer!  大手、輸入、クラフト...全てのビールに敬意を」

現実的政治観。反ニセ科学。第1種放射線取扱主任者免状所有、元原子力業界末席(化学)、元天文研(皆既日食ヲチ3回)。50〜70's洋楽。

日常のもろもろを綴っております。

はじめて訪問される方は、
ご挨拶、サイトポリシー等
をご一読くださいm(__)m。

にほんブログ村ランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


リンクはご自由にどうぞ。


(Admin)
Hira on twitter
来訪者数(2008.8.26~)
広告1







SBI証券

SBI証券、Hiraも利用しています。
口座開設すると特典あり!
カレンダー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ記事検索
リンク(直感リンクツリーV1.3)
最新トラックバック
広告2




GPV気象予報
Mail to Hira
【ここ】 をクリックすると、
別窓にフォームが現れます。
RSSリンクの表示