11/26の飲み

カメラが面倒臭かったりで家飲み日記が少なかった感が合ったので、昨日(26日)の家飲みを。携帯画質ですいませんm(__)m。

111126金ヱビス

1杯目、金ヱビス。

111126琥珀ヱビス

2杯目、琥珀ヱビス。

111126ライジングサンPA

3杯目、通販購入の、ベアード・ライジングサンペールエール。


2つのヱビス、もちろん美味しかったですが、自分的には、オールタイムフェイバリットにしているライジングサンペールエールの感動がやっぱ1番。ホップつおめのアメリカン・ペールエールで柑橘っぽいアロマ・フレーバーが特徴ですが、それ以外の部分のバランスが実に良くて、飲み飽きないんですよね。いろいろ美味しいビールの向き甲斐ありましたけど、何杯でもお代わりしたい感がするこのビールの素晴らしさというか相性というか。今後とも大事にしたいものです。


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)
藤原 ヒロユキ

アスキー
売り上げランキング : 329172

Amazonで詳しく見る by AZlink


(ライジングサン・ペールエール他厳選の銘品ビールのレビューが載ってます。Hiraの感想記事はこちら


theme : ビール
genre : グルメ

Blueberry hill-Fats Domino/Elvis Presley

洋楽ネットラジオで地味にFats Dominoにハマっているので代表曲"Blueberry hill"を。エルビスのバージョンも見つかったので一緒に。どっちもカコイイです。密かに洋楽カラオケ用に...と思ってるけど難しいですねこの歌。










Blueberry Hill - The Best Of (Fats Domino)

Blueberry Hill - Loving You (DSD Remastered) (Elvis Presley)
 

theme : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲)
genre : 音楽

Melanie - Mr. Tambourine Man

Bob Dylan作の曲ばかりかけまくるゴキゲンなネットラジオ局"Bobdylantracks.com"(iTunesのネットラジオ曲リストにあります)を良く聞くのですが、そこで引っ掛かったのがこの名曲"Mr. Tambourine Man"のカバー。

フォークロックバージョンのByrdsもオリジナルのBob Dylanも良いのですが、このMelanieのスロー・アコースティックバージョンも素敵です。お世辞にも美声とは言えない、でも余人を以て代えがたい独特の声質が良い味です。Melanieは他にも素敵なパフォーマンスがあるのでまた何か紹介するかも。





Mr. Tambourine Man - Pop Masters: Lay Down


theme : 洋楽
genre : 音楽

祈・復興 福島路ビールごちそうさま!

111112ピーチエール


復興支援と言うことでNTTのポイント消費で入手した「福島路ビール」、昨晩の「ピーチエール」を以て飲み切りました。ピーチというネーミングで甘いイメージを想起する人が多いかと思いますが、苦味がはっきり個性としてあるエールに、ほのかにピーチなアロマ&フレーバーが良いアクセントを与えているビール、と言う印象でしょうか。

どうもご馳走様でした、福島路ビールさん。

福島の復興を祈ります。


今すぐ飲みたい!厳選地ビール118今すぐ飲みたい!厳選地ビール118
藤原 ヒロユキ,倉本 哲

ぶんか社
売り上げランキング : 355175

Amazonで詳しく見る by AZlink
福島路ビールが紹介されています。


theme : ビール
genre : グルメ

Green,Green/原詞と日本語詞では大違い!



それなりに年喰ってる人ならNHK「みんなのうた」で流れていたこの曲を思い出す人も多いでしょう。

日本語詞はこちら

「ある朝ぼくはめざめて、そして知ったさ~♪」

の部分(3番)を何故か覚えてますね、私は。つか、記憶にある3番は歌詞ちょっと違うような。ガキだったから覚え違ってたのかな。

で、この歌詞、英語の原詞を訳したと思われがちですが、オリジナルの日本語詞なんですね。原詞はヒッピーとなって放浪する男の心象を描いたような詞になってます。

原詞はこちら

なお、リードボーカルは、のちに反戦歌として有名な"Eve od Destruction"(明日無き世界)をソロで歌うことになるBarry McGuire (バリー・マクガイア、公式サイトあります)ですね。ガラガラ声が味わい深くて(・∀・)イイ!

参照:ウィキペディア「グリーングリーン」


Green Green - The Very Best Of



theme : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲)
genre : 音楽

とある講演会への違和感(講演者が問題なのでは無くて)

地元紙、信濃毎日新聞の記事(11/7)。

「原発全廃でも「電力賄える」 京大・小出助教が上田で講演」

このニュースで気になったことがありました。
それは、脱原発主張で名を馳せている小出助教のことではなく、最後の数行。

記事から引用: 講演会は、上田市民有志の政策提言組織「うえだ百勇士会」(鈴木永(ひさし)会長)と、同市などの有志でつくる実行委員会が主催。インターネットの動画投稿サイト「ニコニコ動画」でも同時放送され、小出さんは600人が集まった会場と、ネットからの質問にも答えた。前日には、信学会上田予備学校(上田市中央1)でも講演した。


えっ、予備校で講演? 気になって調べてみたら、YouTubeに、

「2011年11月5日[1 /7] 小出裕章助教 高校生たちへのメッセージ」

がアップされているのを発見。主催とか定かではありませんが、予備校の部屋を借りて高校生向けに講演が催されたのは間違いないようです。

思想信条、主義主張の自由は尊重しますけれども、それは基本成人向けに発する場合で、高校生相手にこれはちょっとどうかなあ、と思う次第。原子力政策は議論中の話しで、それに関して片方の立場を熱弁する人を呼ぶイベントを主催するのってどうなのかなあと。

例えるならば、
TPPについて、賛成論or反対論の人「だけ」を呼んで高校生の前で講演させますか? ってことですね。

浅学非才ゆえ上手く展開した考察ができませんが、どうにも違和感、と言うことは申しあげておきたく。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

ドリ・パートンがケニー・ロジャースを呑み込む

80年代にヒットした、"Islands in the Stream"(ビージーズ作詞作曲)で共演するカントリーの大御所2人。しかし、ケニー・ロジャースには失礼ながら、ドリー・パートンの歌が凄すぎます。お世辞にも趣味が良いとは言えないファッションの彼女だけど、歌はすごいなあ。





theme : 洋楽
genre : 音楽

「世界一」とは?

今年も、ワールド・ビア・アワード(World Beer Awards)の結果が発表され、そこで日本のクラフトビアがいくつかの部門で優勝を勝ち取りました。結果はこちら(英語)

昨年まではこういう国際的ビアコンテストの結果を紹介するときは、銘柄名も挙げ、

「世界一、素晴らしい!」

みたく持ち上げてました。その銘柄が広く知られてほしい応援の意味合いもあったから。
で、今年以降、私はこのワールド・ビア・アワードはじめ、国際コンテスト入賞ビールに関して「持ち上げスタンス」で記事を書くのを止めることにしました。

理由1:近年、国産クラフトビアの国際コンテスト入賞というのはもう既定事実と化しており、ワールドクラスなものを製造できるポテンシャルはもう実証したと思えるので、もうこの辺は通過点と言うことで、自分の次なる期待感で見ていきたいと思うようになったこと。まあ藤原ヒロユキさんのパクリなんですが(汗)、それはオリジナルビアスタイルです。日本発のビアスタイルの銘品が造られ、コンテストで評価され、国際コンテストのカテゴリに挙がるようになって欲しいんですね。国産上級のブルワーさんにはそういうフェイズに入ってもらいたい。

理由2:国際ビアコンテストは複数実施されており、コンテストごとの優勝ビアを安直に「世界一」と呼ぶのは本来はいささか誇大評価であんまりフェアでは無い行為です。しかも飲食物のコンテストは点数化しにくいものを無理に点数化するという本質的な限界があります。「○○コンテストに優勝/入賞出来た、ワールドクラスのビール」くらいに呼ぶぐらいが妥当なところかと。

理由3:メイチ誇大に「世界一、凄い!」と煽ったとして、そのクラフトビアの売り上げ増には繋がるだろうけど、かといって10倍も増えるわけもない現実。ブルワーさんの商売上の方便まではもちろん否定しませんが。

理由4:個人的評価として「世界一」受賞ビールを「世界一だ!」とは思わない点。嗜好ですから当然です。さすが受賞ビールだけあって美味しい!とは言いますけどね。

それで、と。

私は別にそのコンテスト優勝ビールをやりすごすわけじゃあないんです。優勝ビールの一つ、サンクトガーレン横浜XPAを「どんなもんじゃろ?」と購入しましたよ。レビューはまた後ほどね。

ああでも、凄く気に入ったら、

「さすがは世界一、素晴らしい!」

って思わず書いちゃうかもですが(笑)。




theme : ビール
genre : グルメ

細川たかしの「心のこり」?いえいえ...

Neil Sedaka の "The Diary"って曲なんですがね。
歌い出しが、かの細川たかしの名曲「心のこり」の「あーきーかぜがふく~」じゃないかなあと。



The Diary - The Very Best of Neil Sedaka (Compilation)


theme : 洋楽
genre : 音楽

超零細ユーチューバーです(苦笑)
プロフィール

Hira

Author:Hira


株投資もしてたりする自営業の怪しいオヤジ。いちおうビアテイスターだったりするビアマニア。「Respect Beer!  大手、輸入、クラフト...全てのビールに敬意を」

現実的政治観。反ニセ科学。第1種放射線取扱主任者免状所有、元原子力業界末席(化学)、元天文研(皆既日食ヲチ3回)。50〜70's洋楽。

日常のもろもろを綴っております。

はじめて訪問される方は、
ご挨拶、サイトポリシー等
をご一読くださいm(__)m。

にほんブログ村ランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


リンクはご自由にどうぞ。


(Admin)
Hira on twitter
来訪者数(2008.8.26~)
広告1







SBI証券

SBI証券、Hiraも利用しています。
口座開設すると特典あり!
カレンダー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ記事検索
リンク(直感リンクツリーV1.3)
最新トラックバック
広告2




GPV気象予報
Mail to Hira
【ここ】 をクリックすると、
別窓にフォームが現れます。
RSSリンクの表示