黒糖焼酎「有泉」を飲んでいます

2週間もエントリが空いてしまった(汗)。平常運転で酒の記事を。

与論島の黒糖焼酎「有泉」をさいきん飲んでます。購入先は、ぬあんと、「ケンコーコム」!。イメージギャップすごすw

一升瓶で買いました。

120603yusen


すっきりした焼酎と言われるこの有泉。さいしょの口当たりはまろやかすっきり目ですが、喉に入るところでしっかりとした味わいというか癖が感じられるという面白い味わい。いろいろ試飲して冷やして飲むのが良さげと言う結論に達し、いまは25→15度に前割りしたものを冷蔵し、ロックにして飲んでます。実はそれでも癖がちょっときつい感じで、次の前割り仕込みではもう一段水を増やしてみようかと思っています。

癖、癖と言いましたが、裏を返すと「しっかり味がある」お酒で、黒糖らしく、洋酒的な味わい(原料が同じラム酒に似ると言われますね)が素敵ですよ。



有泉 黒糖焼酎 25度 1.8L
有村酒造
売り上げランキング: 30867


theme : 焼酎
genre : グルメ

そば焼酎を前割り

「焼酎 前割り 分子」で検索をかけてみて下さい。

要は、買ってきた焼酎を水で割り少し寝かしてから飲むと(燗でも冷やでも)なかなか美味いって話です。水割り状態にしてほんの10分置いて燗、で良い感じだった(いきなりお湯で湯割りを作るより美味かった)ので、先日そば焼酎を購入したのを機に本格実行。料理量の計量ビーカーで水と焼酎を測ってやってみました。25%の焼酎3:水2の比率で、15%程度にする計算。「居酒屋紀行」シリーズの太田和彦氏によると、この15%と言うのが酒の黄金アルコール度数だと感じるとか。日本酒やワインの度数もその辺ですから、あながち根拠のない話でもなさそうです。

で、きょうは2回目。飲むのは明日以降...うう、我慢できるかどうか(笑)

そば焼酎を前割り


theme : 焼酎
genre : グルメ

黒糖焼酎を「前割り」してみる

太田和彦さんの「居酒屋紀行」シリーズからのニワカ知識です。
焼酎好きの人にはデフォの話かも知れませんが。
焼酎を水で割り数日置いて馴染んだものを燗すると、いきなりお湯割り作るより美味いそうで。

現在保持の「島のナポレオン」「長雲」で、てきとーに実験(水割り後すぐ加温)したのですが、これが美味い!

割りは日本酒相当の15度ぐらいを狙うのがキモで、「島のナポレオン」だと、かなり強引な評価ですが、超辛口日本酒的な雰囲気。「長雲」だと、黒糖焼酎の個性をしっかり主張しながら、一方でやわらかい口当たりになって実に良い感じ。よりディープに、推奨通りに前割りして数日置いてみようかとも考え中。

焼酎のお湯割りを家で飲まれる方は、一度試されてはどうでしょう?

theme : 焼酎
genre : グルメ

帰省中飲み記(2)

長雲


帰省前日、たまたま入ったディスカウントストアで見つけた黒糖焼酎「長雲」。前々から高い評判のお酒で、一度飲み屋でロックを飲む機会があり感動しましたが、それから2年くらいは飲む機会がなかったもの。一部芋焼酎ほどではありませんが、プレミアがついて入手困難なので大変です。他の黒糖焼酎に比べ倍近くしましたが思い切って購入。期待に違わぬ美味で感動しました。黒糖焼酎は確かに焼酎なのですが、原料がサトウキビから採れる黒糖であることから、同原料で造られるラム酒的な味わいがあり、焼酎の中でも非常に洋酒的なんですね。ロックやストレートだと特にその印象が強いです。一方、水割りで飲むと洋酒とは異なる風味が出てきて面白く、飲み方のアレンジでいろいろ楽しめますね、と、これは太田和彦氏の受け売り(笑)。

30度の高度数のため飲み切ることが出来ず、現在拙宅に戻ってきております。先に購入した同じ黒糖焼酎の「島のナポレオン」もあるので、両者をちびちび飲み比べていこう。

theme : 焼酎
genre : グルメ

黒糖焼酎

目先が変わらなくてスイマセンm(__)m

さとうきびから取れる黒糖を米麹で発酵させ蒸留という、面白い製法(米麹を使わなければふつうにラム酒になる)で造られる黒糖焼酎「喜界島」を買って飲んでみました。日本の焼酎と西洋の蒸留酒の中間的な面白い味わいですね。ウイスキーを嗜む自分としては結構ツボです。

米麹を使う理由はこちらを参照。要はラム酒だと高酒税になって都合が悪いので、わざわざ焼酎にしたという節税狙いだったのですが、それが独自の味になったのだから面白い。

いまどきのグルメ漫画やグルメを売りにしたテレビ番組は「最高級の原料を極めてオーソドックスに料理してこそ美味い」的な主張を繰り返しますが、神の悪戯のごとく、俗な狙いから美味い物が出来たりするのもまた味の世界の妙味ですよね。典型的なのはウイスキーで、イングランドに高酒税で弾圧されたスコットランドの民は明らかな苦し紛れで手近な泥炭で麦芽を乾かし、手許にあったシェリー酒の樽に蒸留した酒を隠したら、これがあの琥珀色で豊かな香りを持つ現代のウイスキーになったわけです。

今はスプリングバンク飲みながら書いてます。ウマー

theme : 焼酎
genre : グルメ

プロフィール

Hira

Author:Hira


怪しいオヤヂ"Hira"のブログ。自営業で株投資もしていたり。いちおうビアテイスターだったりするビアマニア。「Respect Beer!  大手、輸入、クラフト...全てのビールに敬意を」

現実的政治観。反ニセ科学。第1種放射線取扱主任者免状所有、元原子力業界末席(化学)、元天文研(皆既日食ヲチ3回)。50〜70's洋楽。

日常のもろもろを綴っております。シン・ゴジラにかぶれて上京し発声可能上映会(府中)に行ってしまいました(;^ω^)

はじめて訪問される方は、
ご挨拶、サイトポリシー等
をご一読くださいm(__)m。

にほんブログ村ランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


リンクはご自由にどうぞ。


(Admin)
Hira on twitter
来訪者数(2008.8.26~)
広告1






SBI証券

SBI証券、Hiraも利用しています。
口座開設すると特典あり!


カレンダー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ記事検索
リンク(直感リンクツリーV1.3)
最新トラックバック
広告2




サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
GPV気象予報
Mail to Hira
【ここ】 をクリックすると、
別窓にフォームが現れます。
RSSリンクの表示